UCSB交換留学記~留学前に知っておきたかったこと~ スマホ編

SIMカードや留学中に必要なアプリについて

Posted by かずと on Sunday, May 19, 2019

最初に

こんにちは!かずとです。

今回は生活するうえで必要不可欠なスマホ、特にSIMカードやスマホアプリについて説明していきます。

アメリカでは日本では使わないようなスマホアプリを日常的に使います。

出国前にあらかじめダウンロードしてくると便利かもしれません。


SIMカード

SIMカードはご存じの通りモバイルデータを利用するときに必要ですね。

正直キャンパスや寮内ではWifiが使えるので、モバイルデータはあまり使いません
旅行するときくらい。

なので留学中は各SIMの最も安いプランで大丈夫だと思います。


Mint SIM

Mint SIMはUCSBのAdmission Officeから送られてくる封筒の中に入っています。

恐らく最も安くて設定が簡単なSIMです。iPhoneユーザーは問題なく使えるので、留学生の中ではとても人気ですね。

最も安いプランは最初の3か月は月15ドル、それからあとは月25ドルというものです。

設定などは自分で行う必要があるので、こちらの動画を参考にしてみてください。

欠点は直接聞きに行ける店舗が無いこと。
わからない事があると電話で聞かなければなりません。


h2O

留学生の中でMintの次にユーザーが多いSIM。
KDDIの孫会社が提供しているそう。

月20ドル、1ギガ、又は
月30ドル、6ギガが良さそうです。

良い点は日本語での音声ガイダンスがあること。
英語で話すのはまだちょっと大変だと思う方にはおすすめです。

また、日本の固定電話との通話は無料だそう。

詳細を知りたい方ははこちらの記事を読んでみてください。


T-mobile

アメリカ市場のシェア上位を争うT-mobileのSIMは多少高め。
最も安いプランで月40ドル、10ギガ使えます。

良い点は店舗がアメリカのどこに行ってもある事
何か不具合があれば近くの店舗に行って直接聞くことができます。

また対応もかなりいいです。
個人的な例をあげると、自分のHUAWEIスマホが対応外ということで、T-mobileのSIMが入っている安いアンドロイドのスマホを無料で貸してくれました。

<注意点>
格安SIMフリースマホをアメリカで使おうと思っている方、必ずアメリカの各種SIMがその機種に対応しているか確認してください
理由はアメリカで使えない機種が存在するから。
例えばHUAWEIのスマホはアメリカでは使えません。
僕はHUAWEIのP10 Liteというスマホを使おうと思ってアメリカに持ってきたのですが、どのSIMも使えず、今はT-mobileから格安スマホを借りて使っています笑


スマホアプリ

Uber & Lyft

この二つは配車アプリです。

Uberは世界的に有名なのでご存じの方も多いと思いますが、アメリカではLyftという配車サービスもあります。

使い方は極めて簡単。クレジットカード情報を入れて乗車する地点と下車する地点を入力するだけ。

LyftとUberは需要と供給のバランスによって価格が変動します。
安いほうを使いましょう

また最近はCar Poolingという新しい選択肢もできました。
これは行き先が近い赤の他人と相乗りして運賃を安くしようというもの。
ロスなどの大きい都市では使えるので、もしコストを抑えたいのであればCar Poolingを使いましょう。


Lime

Limeは電動スクーターを使うことができるアプリです。

IV内にはかなりの数が置いてあります。

使い方はクレジットカード情報を入力して、使いたいスクーターのQRコードをスキャンするだけ。使い終わったら道路上においてスクーターの写真を撮って終了です。

このスクーターアプリ、自転車が無いときにとても便利です
あと普通に爽快です笑

サンフランシスコなどの大都市にも置いてある事がありますので、是非使ってみてください。

※ちなみに他のスクーターアプリはアメリカの運転免許を登録しなければなりません。Limeは必要ないので、大丈夫です。


Venmo

Vemmoは送金アプリです。

割り勘やお金を貸し借りしたときに、Venmo上のアカウントでお金をやり取りする事ができます。とても便利です。

よく使われているので、 “Venmo me”(Venmoで送金して)というフレーズがあるくらいです。

ただ、Venmoでアカウントを作るためにはアメリカの銀行の口座を持っていなければいけません。
(特定のクレジットカードでもできるそうですが)

なのでVenmoを使いたい場合は、ChaseやWells Fargoなどの大手の銀行で口座を開設しましょう


Splitwise

Splitwiseは割り勘アプリです。

Venmoのように送金してくれるわけではありませんが、割り勘するときに一人いくら払えばいいのか自動で計算してくれます。

また、貸し借りを記録してくれるので、誰にいくら借金しているのかなどの情報を一目で把握する事ができます。


VPN

VPNはVirtual Private Networkの略。

日本でしか使えないサービス・アプリをアメリカで使う時に必要なサービスです

アマゾンプライムの日本でしか配信されていないドラマなどを見るときに使えます。

スマホのVPNはTunnel Bearというアプリがおすすめ。

また、WindowsのVPNはProton VPNという無料ソフトがおすすめです。こちらからインストールできます。


最後に

この記事ではSIMカードやスマホアプリなど、スマホに関しての情報を載せました

SIMカードは各種特徴があります。自分に最も合ったSIMを選びましょう。

また、今回紹介したアプリはアメリカ人が日常的に使うものばかりです。
特にVenmoはマーケットで買い物したり、チケットを買う時にも使うことがあります。利用する場合は銀行口座を開設する事を忘れずに。

アメリカでの生活を円滑に進めるために、以上の情報を覚えていてください。

お読みいただきありがとうございました!


comments powered by Disqus
FEATURED TAGS

RELATED ARTICLES

UCSB交換留学記~留学前に知っておきたかったこと~ お金編

UCSB交換留学記~留学前に知っておきたかったこと~ ハウジング編

アメリカ留学、徹夜で勉強せずに好成績を取る3つの勉強方法とは?

ナップ・キャッスルとランドシャークを満喫した週末