UCSB交換留学記~留学前に知っておきたかったこと~ お金編

留学費用の抑え方とは?

Posted by かずと on Friday, May 3, 2019

最初に

こんにちは!かずとです。

帰国まであと二か月をきったので、UCに来る前に知っておきたかったことを紹介していこうと思います。

この記事ではUCSB留学中にかかる費用の節約方法について説明していきます。 

保険の切り替えや奨学金などでアメリカ留学の費用を抑えましょう!

 

UCの保険

f:id:Carlos10:20190502234126j:plain

日本の大学から留学される方は日本の海外保険とアメリカの健康保険、両方入らないといけないと思います。

UCに留学される場合、特に何もしないとUC SHIPという保険に自動的に加入させられます。

このUC SHIP、めちゃくちゃ高いです!!

1120ドルほどなので、僕は一年分なんだろうと思っていたんですが、なんとこれ一学期分。

一学期1120ドル(約12万円)!!ありえないくらい高いです!!

UC SHIPに入ると、検査や治療をStudent Healthで受けた場合無料になりますが、どんなに怪我したり病気にかかったりしても恐らく元は取れないでしょう笑

さらにStudent Healthはいつも混んでいたりしてあまりサービスが良くない印象がありますね~ 

なのでUC SHIPには入らないでください。

なぜなら他に安い保険があるから。

 

UC SHIPをWaiver(放棄)する方法

ではUC SHIPに入らない方法を紹介していきます。

手順としては

  1. 違う保険に加入する
  2. 保険カードの表裏をスクショする
  3. UCSB Student HealthのSHS Gatewayにアクセス後、"Waiver"のページからWaverフォームに記入して申請する

という感じですね。

僕も含めてほとんどの人がISOという会社の保険に入っているので、ISOの保険に加入してUC SHIPをWaiverする方法を紹介します。

このISOの保険はアメリカの大学で勉強している海外留学生に特化した保険です。

申請はこちらから。

www.isoa.org

 

UC SHIPを放棄するための条件を満たしているのは、上記のURLのページから申し込める"UC-Care for University of CA system"というプランだけなのでそちらを選びましょう。

月89ドル、一学期3か月とすると約270ドルですね。UC SHIPの約4分の1です笑

後は必要事項をすべて埋めたら、クレジットカードで支払いをして完了です。

 

支払いを完了すると"Receipt from ISOA.ORG"という題名のメールが届きます。

そのメールに保険カードが添付されているはずなので、カードの表裏をスクショしてパソコンやスマホに保存しましょう。

 

最後に予防接種の記録を提出する際にも利用したSHS Gatewayにアクセスします。

そして"Insurance Waiver"というところをクリックしてください。

必要事項をすべて入力し保険カードのスクショを挿入後、"Proceed"をクリックすると完了です。

後はStudent Healthからのメールを待つだけです。

お疲れ様でした。

 

ISOに加入して、UC SHIPにかかるはずであった数十万円を節約しましょう!

 

奨学金

f:id:Carlos10:20190502234425j:plain

アメリカの大学に留学する方には主に二種類の奨学金があります。

JASSO海外留学金制度

一つ目はJASSOの奨学金。

他大学の場合はわかりませんが、早稲田の場合は学内奨学金と呼ばれるものですね。

UCSBの場合、月8万円援助してくれます。

給付型なので返済する必要はありません。

応募した人は大体貰えてますので、比較的簡単ではないかなと思います。

申請方法(早稲田の場合)

早稲田メールにJASSO奨学金の案内のメールが届くはずなので、その案内の通りに期日までに応募します。

流れとしては大学側が応募した生徒の中から選んでJASSOに推薦し、JASSOが最終決定を行うという感じですね~

大学から推薦された方は、奨学金についての説明を一度受けた後、JASSOからの最終決定のメールを待つだけです。

留学中

初月はUCSBのOISS(Office of International Students and Scholars)で在学確認書を書いてもらわないといけません。

しかしその後は、早稲田専用のJASSO奨学金申請フォームを毎月初旬に提出するだけです。

とても簡単に奨学金を頂けます。

※在籍確認書もICUと早稲田で違かったので、他大学の方は申請方法などを確認してください!

 

トビタテ!留学JAPANの奨学金

www.tobitate.mext.go.jp

こちらは文部科学省の奨学金ですね。

同期の中では何人かトビタテの奨学金を貰っています。

JASSOと違って応募期間(12月~3月)が早いだけでなく、留学計画書の作成、面接、グループディスカッション、二日間の事前研修の参加などかなり手間がかかり、また倍率も高いです。

留学中はなんらかの活動に従事し、留学後に自身が学んだことについて発表する必要があるようです。その他にもいろいろと社会貢献活動を行わなければならないとか。

ただその分もらえる金額もJASSOの二倍の月15万円ほど。

もちろん給付型なので返済する必要ないです。

多少の手間がかかってもこの金額はかなり大きいと思います。

また、トビタテ受給者のネットワークに入れることも利点のひとつです。縦横のつながりがあり、SNSで簡単に連絡を取ることができるそうです。

 

時間はかかりますが、トビタテとJASSO両方に応募しておくといいかもしれませんね。トビタテに受かった場合はJASSOを辞退すればいいし、受からなかった場合はJASSOの奨学金を貰えばいいので。

 

※ちなみにトビタテの奨学金を受給している同期生は、大学在学中何らかのプロジェクトを立ち上げたり、学業以外の活動に関わってると受かりやすいと言っていました。

 

現地の物価

現地の物価は高いと言っている方が多い印象です。

僕は恥ずかしいことに自炊したことが無いのであまりわかりませんが笑

自炊している方はバスでAlbertsonやTrader Joe'sなどのスーパーに行って、買い物しています。

聞いた話によると、肉や果物は日本より安い傾向にありますが、トマトなど特定の商品は高いようです。

外食は一様に高いです。

IV内ではサブウェイやバーガーショップは大体6、7ドルほどで食べられますが、そのほかの店は大体10ドル以上。

生活費を浮かせたい方は自炊してください。

 

フードバンクについて

フードバンクとはスーパーなどで賞味期限切れになっていたり在庫が多くあったりする商品を学生に無料で提供している場所のことです。

ここではトイレットペーパーやカップ麺、パンやおやつなどを無料で手に入れることができます。

また、ソファに座ってコーヒーを飲みながら、賞味期限ぎりぎりのケーキを食べることもできます。

ちょっとお腹すいた~と思ったときにとても便利ですし、生活費も抑えることができます。

場所はUniversity Centerの二階にあり、火曜日以外の平日利用できます。

 

<フードバンクのロケーション>

f:id:Carlos10:20190503093244j:plain

ここがUniversity Center、略してUcenです

f:id:Carlos10:20190503093416j:plain

Ucen入って左手にあるこの階段を上ってください

f:id:Carlos10:20190503093104j:plain

二階の奥の部屋がフードバンクです


初回は登録が必要ですが、そのあとはStudent Cardを見せるだけで入れます。

知っておきたかった項目の上位に入っていますので、これからUCSBに留学される方は是非利用してみてください!

  

最後に

この記事ではUCSB留学中にかかる費用の抑え方を紹介していきました。

上記の情報を参考に、留学中の生活費を抑えていただけたらいいなと思います!

もし質問があれば、インスタグラムでDMを送っていただければ返信します。

お読みいただきありがとうございました。 

 


comments powered by Disqus
FEATURED TAGS

RELATED ARTICLES

UCSB交換留学記~留学前に知っておきたかったこと~ ハウジング編

アメリカ留学、徹夜で勉強せずに好成績を取る3つの勉強方法とは?

ナップ・キャッスルとランドシャークを満喫した週末