UCSB交換留学記~留学前に知っておきたかったこと~ ハウジング編

留学中に住む寮やアパートについて

Posted by かずと on Monday, April 29, 2019

f:id:Carlos10:20190430032553j:plain

 

最初に

こんにちは!かずとです。

帰国まであと二か月をきったので、UCサンタバーバラに来る前に知っておきたかったことを紹介していこうと思います。

この記事ではUCSB留学中に住む寮やアパートについて説明していきます!

基本的にUCSBの生徒はキャンパス内かIsla Vista(IV)というキャンパスの横のエリアに住んで、自転車で学校に通います。

 

オンキャンパスハウジング

f:id:Carlos10:20190429040351j:plain

右側の建物がオンキャンパスアパートの一つ、San Clemente Villages

オンキャンパスハウジングとはUCによって運営される寮・アパートのこと。

家具付きで、寮の場合は食堂で使えるミールプランがついています。

正直言って、秋学期からオンキャンパスのハウジングに住むのは難しいと思います。なぜなら5月頃にハウジングについてのメールを受け取ったころにはもうすでに埋まってしまい、Waitlistに入れられるからです。

実際僕の知ってる日本からの交換留学生で、初めからオンキャンパスに住んでいる人はいないです。

ただ二学期目からはオンキャンパスのハウジングに移っている人もいるので、秋学期だけ他のところに住んで、そのあとオンキャンパスに住むのが良いでしょう。

以下がUCSBのオンキャンパスハウジングのウェブサイトのURLになります。

www.housing.ucsb.edu

EAP用のページにほとんど情報が載っていないので、交換留学生は優先されないのかもしれませんね~ 

  • 寮の値段

こちらがオンキャンパスの寮の値段です。

f:id:Carlos10:20190430032740p:plain

セキュリティ完備で掃除もやってくれるので楽と言えば楽ですが、やはり月最低15万ほどはかかりますね。

また、オンキャンパスの食堂は時間帯によってはかなり混むそうです。

  • アパートの値段

アパートの場合は大体月$700ちょっとという感じでしょうか。

掃除や料理は自分でしなければいけないのでその点安くなっています。

以下のサイトに行けば、各寮・アパートの値段や情報を知る事ができるので参考にしてください。 

www.housing.ucsb.edu

とにかくまずはWaitlistに名前を入れましょう。 

 

オフキャンパス

トロピカーナ系列

f:id:Carlos10:20190430100959j:plain

Tropicana Gardens内部

トロピカーナ系列の寮・アパートはUCに所有されてますが、Tropicana Student Livingによって管理されています。UCSBの生徒だけでなく、SBCCというコミュニティカレッジの生徒も多く住んでいます。

トロピカーナ系列はセキュリティがしっかりしていて安心ですが、家賃は比較的高めです。

Tropicana Gardens(ガーデン) & Tropicana del Norte(TDN)

ガーデンとTDNはトロピカーナ系列の寮です。

僕はガーデンに住んでいます。

違いはあまりないように感じるので、まとめて紹介します。

  • 良い点
  1. セキュリティはしっかりしていて、アクセスキーが無いと寮内には入れないですし、夜10時頃になると門番が付きます。
  2. キャンパスに近いです。TDNは学校から自転車で約3分、ガーデンは約5分ほどの場所にあります。
  3. 海外からの交換留学生が多く住んでいます。アメリカに来て一番最初に仲良くなるのが他の国からの留学生なので、その点比較的友達ができやすいと思います。(自分は内向的なので難しかったですが笑)
  4. プレパーティーなどによく使われるので夜8時くらいはうるさいですが、夜10時からはクワイエットアワーなので、寮内は静かです。
  5. 冬休みなど長期休暇中寮は閉まりますが、海外留学生はフォームを記入して提出すれば泊まる事ができます。(もちろん食堂も閉まります。)
  • 悪い点

家賃がとても高いです。

f:id:Carlos10:20190430034105p:plain

オンキャンパスの寮と同じくらいですね。

食堂も毎日メニューは変わりますが、何か月も食べ続けてると飽きます。キッチンが無いので自分で料理することができません。また、比較的に汚いと言っている人が多いです。個人的にはそうは思いませんが笑

個人的には料金の割にサービスが良くないと思います。

以下がTropicana Gardensの公式サイトです。

www.tropicanagardens.com

<注意点>

トロピカーナガーデン、又はTDNに住みたい場合は契約期間を最初の学期だけにしましょう。理由はトロピカーナ以外のもっと安くていい住まいに次の学期から住めるかもしれないからです。

最初に一年契約をしてしまった場合、トロピカーナ系列以外のハウジングには移れません。またビラは人気なので、ガーデンからビラに移る事もかなり難しそうです。他の人に代わりに住んでもらうこともできますが、ガーデンやTDNは高いのでなかなか買い手が付きません。

なのでガーデンかTDNと契約する場合、最初の一学期だけにすることを強くおすすめします!

※ただし最初の学期だけ契約した場合、冬休み前に契約が切れるので、冬休み中は泊まる事ができません。大体3週間ぐらいなので友達の家に泊まるか、旅行に出るか、何かしら対策を練りましょう。

※二学期目もガーデン・TDNと契約したい場合、空き部屋があれば契約更新できますが、人気で空き部屋が無ければ他の場所に移るしかありません。(その確率は極めて低いと思われますが...)

早めにトロピカーナ側に連絡を取り、空き情報を確認しましょう。

 

Tropicana Villas(ビラ)

ビラはトロピカーナ系列のアパートです。

ロケーションは大体ガーデンから徒歩1分の場所にあります。

僕の同期はほとんどビラに住んでます。 

f:id:Carlos10:20190430032906p:plain

値段はオンキャンパスのアパートと同じくらいです。

ビラは二十歳以上でないと入れないはずなのですが、入居者の中には未成年の人もいるみたいなので、応募してみる価値はあるでしょう。

<注意点>

トロピカーナの契約をするときにEAP Studentで進めると自動的にガーデンに住む事になってしまいます。ビラに住みたい場合はVillasとの契約になっていることを確認してから進みましょう!自分はこれを確認しなかった結果ビラではなく、ガーデンに住むことになってしまいました泣

以下がVillasのウェブサイトのURLになります。

tropvillas.com

  

その他の寮 (キャンパス880)

f:id:Carlos10:20190430101046j:plain

トロピカーナ以外だとキャンパス880という寮があります。

日本からの交換留学生で住んでいる人がいないので情報が少ないですが、ジャグジーがついていることで有名です笑

campus880.com

値段は月745ドルから。

ただ寮と言ってもミールプランはついてなさそうなので、自炊できる人向けだと思います。

 

その他のアパート

ではその他のアパートについて説明していきます。

トロピカーナ以外のアパートは個人で下のFacebookグループやウェブサイトで見つけて契約する場合が多いです。 UCSBのCommunity Housing Officeに直接メールするのもありです。

同期の中では4人ほどトロピカーナ以外のアパートに住んでいます。

www.facebook.com

santabarbara.craigslist.org

自分が住みたいアパートに住めるので自由度は高いですが以下の問題があります。

  • 契約書をすべて注意して読まなければならない

希望の物件に住めない場合もあるので複数の物件に連絡を取る必要がありますが、その場合すべての物件の契約書を注意深く読まなければいけないので、膨大な時間を取られます。

同期の一人も最初に希望していた物件の契約書におかしなことが書いてあったので違う物件にしたと言っていました。

念のため契約する前にUCSB Community Housing Officeに連絡を取って、確認してもらうのが良いかもしれません。

  • クワイエットアワーが無い

トロピカーナ系列にはクワイエットアワーと言って夜間は静かにしないといけないというルールがあるのでよく寝れますが、その他のアパートではそういうルールはないそうです。よって夜間はかなりうるさくなるかもしれません。

  • ルーム・ハウスメイトとの問題は自分で解決しないといけない

トロピカーナ系列と違い簡単にルーム・ハウスメイトを変えることができません。ルーム・ハウスメイトと問題が起こった場合、Community Housing Officeに連絡を取ったりなどして自分で解決するか、出ていくかしか選択肢がありません。

 

<DPのアパートについて> 

youtu.be

DPとはDel Playa通りのこと。

IVの海に最も近い通りの名前で、パーティーが盛んなことで有名です。

Facebookグループには結構DPの物件が売られています。

DP物件はパーティー好きで勉強よりもアメリカ人たちと飲んで騒いで楽しみたい!という方にはとてもおすすめです!社交的な方には友達がたくさんできる最高の場所だと思います。

ただ人が多く出入りするのでセキュリティ面は徹底しないとまずいらしいです。

上の動画は春学期の最初の週末に開催されるDeltopiaというイベントの動画です。Delptopia中DPは酔っ払いと警察官でいっぱいになります笑

 

Co-op 

f:id:Carlos10:20190430101109j:plain

Co-opの家の一つ、ビコハウス

最後にCo-opについて紹介します。

 Co-opは生徒によって管理されたシェアハウスです。

同期の中では一人住んでいます。

  • 良い点

生活費をかなり抑えられます。

家賃は大体月600ドル。食費は月100ドル払うと冷蔵庫の食糧を自由に使うことができます。

またパーティー会場になったりするので多くの人と知り合うことができます。

  • 悪い点

比較的不衛生です。

シャワーなどかなり汚いので、女の子が住むのはきついかもしれません。

家の掃除などもすべて自分たちでしなければならないので、毎週役割を決めているそうです。

ちょっと不衛生でも大丈夫!っていう人にはおすすめです! 

www.sbcoop.org

ちなみに僕の同期はBikoっていう家に住んでいますが、家の男子は彼以外全員ゲイらしいです。LGBTQをテーマにしたシェアハウスなんですね。

彼は入居するまで知らなかったようですが笑

大きなガレージがあるので、日本人でカラオケパーティーなどをしてます。

 

最後に

まとめ表

それぞれのハウジングタイプの良いところ悪いところを表にまとめてみました。

 

良い点

悪い点

オンキャンパス寮

契約が楽

安全

家事をしなくていいので勉強や他のことに集中できる

秋学期からは入れない確率が高い

時間帯によっては食堂がとても混む

家賃が高い

オンキャンパスアパート

比較的安全

契約が楽

秋学期からは入れない確率が高い

トロピカーナガーデンズ・TDN

契約が楽

安全

家事をしなくていいので勉強や他のことに集中できる

一学期だけ契約できる

クワイエットアワーがある

家賃が高い

食堂飽きやすい

値段の割にサービスが悪い

トロピカーナビラ

安全

比較的静かで住みやすい

人気で埋まりやすい

キャンパス880

(あまり情報が無い)

安全

ジャグジー付き

ミールプランがついていない

その他のアパート

自由度が高い

DPに住める

かなり安い物件に住める

契約書に注意しなければならない

安全ではない

クワイエットアワーが無い

Co-op

生活費を安く抑えることができる

パーティー会場になったりする

ガレージを自由に使うことができる

かなり汚くて不衛生

掃除などの役割を振られる

 

ちなみに僕のおすすめはガーデン・TDNと一学期だけ契約することです。

ビラは静かで人気のアパートなので契約ができればおすすめですが、できなければガーデン・TDNに一学期だけ住んで現地の様子を実際に見てみて、二学期目から他の安いアパートなどに移ってみるというのが個人的には一番楽かなと思います。

自炊できる方はアパートやCo-opに住んで生活費を抑えましょう。

 

今回の記事ではUCSBの寮やアパートについて紹介していきました。

ハウジングは留学生活を充実させるうえでかなり重要なポイントです。この記事を参考に決めていただけると嬉しいです。

今後もUCSB留学で知っておきたかったことについて記事を書いていこうと思っているので、是非読んでみてください!

 こちらしんのすけが運営しているインスタなのでこちらも参考に!

www.instagram.com

もし質問があれば、インスタグラムでDMを送っていただければ返信します。

お読みいただきありがとうございました。 

 


comments powered by Disqus
FEATURED TAGS

RELATED ARTICLES

アメリカ留学、徹夜で勉強せずに好成績を取る3つの勉強方法とは?

ナップ・キャッスルとランドシャークを満喫した週末